以久波の“あかり”たち



「以久波の夜もまた一興」

シーンと静まった吉井の白壁の街並みに、ポツリと仄かな明かりが灯る時、部屋もうっすらとした明かりの行燈に照らされていると、なにか遠い世界に迷い込んだようだ。





以久波の「夜を彩る」照明たち、特に間接照明に使っているものが「行燈・行灯(あんどん)」。置行燈・掛行燈・有明行燈などいろいろな種類のものがあり、100年前はまだまだガス灯や電気の普及は半ばで、和蝋燭や菜種油を燃やす灯りが一般的でした。


夜の以久波で、柔らかい灯りをお楽しみください。




以久波のブログ